ロリポップのコロリポプランに WordPress をインストールする

当サイトは以前は ロリポップのコロリポプランで運用していました。
コロリポプランには本来WordPressをインストール出来ないのですが、変則的な方法でインストールできたので紹介します。

WordPressの動作にはMySQLが必要です。
ですがコロリポプランにはMySQLが導入されていませんので、WordPressが動作しないのです。

ただし、コロリポプランにはMySQLが無い代わりにSQLiteがあり、そして実はSQLiteでもWordPressが動作するのです。
このSQLiteを利用する変則的な方法でWordPressをインストールし動作させる事が出来るのです。

コロリポへWordPressをインストールする大まかな概要

コロリポプランには当然WordPressのインストーラーはありませんので、手動でWordPressのコンポーネントをアップロードする事になります。
おおまかな手順は下記のようになります。

  1. いきなり最新版のWordPressをアップロードしても動作しないので、先ずは古いバージョンのWordPressをダウンロードし解凍する。
  2. SQLite環境でWordPressを動作させるためのプラグインを、解凍したWordPressファイルの中に設置。
  3. 2で作成したWordPresファイル群をサーバーにアップロード
  4. 3でアップロードしたWordPressを起動
  5. 最新版のWordPressのアップデートを行い完了とする

それでは、実際に行ってみましょう。

古いバージョンのWordPressをダウンロードする。

2.9.2日本語バージョンのWordPress をダウンロードします。

下記サイトからダウンロードできます。
http://ja.wordpress.org/2010/02/17/wordpress-292-ja/
ファイル名は "wordpress-2.9.2-ja.zip" です。

一応直リンクは下記です。
https://ja.wordpress.org/wordpress-2.9.2-ja.zip

そしてもう1つ必要なファイルがあります。
それは
pdo-for-wordpress.2.7.0.zip
です。

これは、SQLite環境でWordPressを動作させるプラグインです。
下記サイトでダウンロードできます。
https://wordpress.org/plugins/pdo-for-wordpress/

一応直リンクは下記です。
https://downloads.wordpress.org/plugin/pdo-for-wordpress.2.7.0.zip

上記2個のzipファイルをダウンロードしたら、解凍しましょう。

SQLite環境でWordPressを動作させるためのプラグインを設置

pdo-for-wordpress.2.7.0.zip の中身は前述の通り、SQLiteでWordPressを動作させるためのプラグインです。
WordPressのプラグインのインストールというのは、ただ単にプラグインファイル群を任意の場所へコピーするだけです。
では、そのコピー作業を行いましょう。

pdo-for-wordpress.2.7.0.zip を解凍し、中を見ると下記の合計3個のフォルダ・ファイルがあります。

  • pdoフォルダ
  • db.php
  • readme.txt

それらを全て選択し、コピーします。
wordpress_install_to_sqlite_lolipop_02
コピー先の説明は次に行います。

wordpress-2.9.2-ja.zip を解凍して中を見ていくと
wp-content
というフォルダを見つけられるはずです。

中身は

  • languagesフォルダ
  • pluginsフォルダ
  • themesフォルダ
  • index.php

となっています。

その場所へ、先ほどコピーしたファイル群を貼り付けましょう。
貼り付けた結果、下図の様になるはずです。
wordpress_install_to_sqlite_lolipop_03
青くハイライトされているのが、コピーしたファイル群ですね。
readme.txt はもちろん不要なのですが、今回は一応コピーしました。

コピーが完了したら、1つ上のディレクトリへ戻りましょう。
(wordpress-2.9.2-ja\wordpress の事です)

wp-config.php 内の3箇所を編集する

wordpress-2.9.2-ja\wordpress に戻ったら、1個のファイルの名前の変更を行いましょう。
そのファイルとは
wp-config-sample.php
です。
下記画像の1番下のファイルですね。
wordpress_install_to_sqlite_lolipop_04

そのphpファイルをの名称を
wp-config.php
に変更しましょう。

ファイル名称を wp-config.php に変更したら、エディタで開いて3ヶ所の編集を行います。
wp-config.php 内にも記述されていますが、
Windows の "メモ帳" でこのファイルを編集しないでください。
必ず UTF-8 の BOM なし (UTF-8N) で保存してください。

この「UTF-8 の BOM なし (UTF-8N)」についてはあまり深く考えないでも良いです。
「Crescent Eve」や「TeraPad」で普通に編集して保存を行えば大丈夫です。

では編集を行っていきましょう。

FTPアカウントの設定

27行目に

define('DB_USER', 'usernamehere');

という記述があります。
その username の部分を、FTP接続時に使うFTPアカウントに変更します。
ロリポップの場合、lolipop.jp-~~~~~ といった文字列だと思います。

変更後の例としては

define('DB_USER', 'lolipop.jp-1234567890abcdefg');

という感じになります。

FTPパスワードの設定

30行目に

define('DB_PASSWORD', 'yourpasswordhere');

という記述があります。

その yourpasswordhere の部分を、FTP接続時に使うパスワードに変更します。

変更後の例としては、

define('DB_PASSWORD', 'abcdefg987654');

という感じになります。

データベースタイプの変更

先ずは下記ボックス内の文字列をコピーしてください。

define('DB_TYPE','sqlite');

そして、40行目に挿入しましょう。
挿入した結果、下記の様になるはずです。
wordpress_install_to_sqlite_lolipop_05

「データベースのタイプは、SQLite だよ」 と定義したわけです。

以上でアップロード前準備は完了しました。
次はアップロードを行います。

WordPress 2.9.2 日本語バージョン のサーバーへのアップロード

WordPressを動作させたいドメインへアップロードします。
必要なファイル・フォルダ群は、下記のディレクトリです。
さきほどの処理によって "wp-config-sample.php" が "wp-config.php" に変更されている事にご注目ください。

wordpress_install_to_sqlite_lolipop_06

上記ファイル群を、ドメインのルートにズラズラとアップロードさせてもかまいませんし、
wp等の適当なフォルダを作成して、その中にアップロードしてもかまいません。
どちらでも大丈夫です。

私は、ルートへアップロードしています。

アップロードしたWordPressを起動

上記ファイル群のアップロードが完了したら、
(アップロードしたサーバー上の) wp-admin フォルダへ移動しましょう。

その中に install.php というphpファイルがあります。

それを右クリックして
「URLをクリップボードへコピー」
を行います。
wordpress_install_to_sqlite_lolipop_07

そしてブラウザのアドレスバーへ貼り付けます。

アドレスバーに

ftp://ftp.hogehoge5963.lolipop.jp/hogehoge/wp-admin/install.php

といったURLがコピーされます。

つまり
ftp://ftp.ドメイン名/ディレクトリ名/wp-admin/install.php
というURLになっています。

その先頭の

ftp://ftp.

の部分を除いてください。
最後のピリオドの部分もお忘れなく。

そうすると

hogehoge5963.lolipop.jp/hogehoge/wp-admin/install.php

という部分だけが残ります。

つまり
ドメイン名/ディレクトリ名/wp-admin/install.php
とするわけです。

その状態でエンターキーを押下する等してアクセスしてください。

すると

wordpress_install_to_sqlite_lolipop_08

来ました~。
ブログタイトル と メールアドレス を入力して「WordPress をインストール」をクリックしましょう。

wordpress_install_to_sqlite_lolipop_09

上図の様にズラズラと文字が出てきてエラーなのかとビビりますが、一番下までスクロールすると

wordpress_install_to_sqlite_lolipop_10

人を食った様なメッセージと共に、成功したとの報告が!

最新版へのアップデート

ログイン後に、最新版へのアップデートが可能です。
wordpress_install_to_sqlite_lolipop_11

PHPがセーフモードで動作していると、不具合がある

wordpress_install_to_sqlite_lolipop_12

この図の様に

Cannot set time limit in safe mode in /home/users/0/~~/wp-content/pdo/PDOEngine.php on line 63

といったエラーが出る場合もあります。

エラーメッセージの中に、何やら「safe mode」というキーワードが入っています。

これは、PHPのセーフモードが 「On」で動作している事で発生する不具合です。
よって、PHPのセーフモードを「Off」にした状態で運用しましょう。

セーフモードの変更方法は簡単。
ロリポップにログインし、左メニューの中から
「WEBツール」 > 「PHP設定」 をクリックします。

wordpress_install_to_sqlite_lolipop_13

wordpress_install_to_sqlite_lolipop_14
PHP設定を変更したいドメインの「設定変更へ」をクリックします。

wordpress_install_to_sqlite_lolipop_15
safe_mode の項目が On になっている場合は Off にします。
通常は Off になっていると思われます。

よろしければコメントをどうぞ

コメント欄(必須)

お手数で恐縮ですがスパム防止のため「半角数字」で下記計算式を埋めていただけますでしょうか

  • 送信後に「送信されました」等のメッセージ画面は表示されません。
  • 送信されたかどうか心配な場合は、再度送信なさってください。
  • 送信いただいたコメントは、承認後に表示されます。
サブコンテンツ

このページの先頭へ