.xlsx .docx拡張子が開けない時に無料で開く方法。古いOfficeでもOK

Microsoft Office がインストールされている環境で「.xlsx」「.docx」「.pptx」といった、いかにもOfficeファイルらしき拡張子のファイルを開こうとすると、下記のダイアログが出現して開けない場合があります。
.xlsx .docx .pptx が開けない

Office2007以降は拡張子の最後に「x」が付くようになりました。

  • Wordファイルの .doc は .docx に
  • Excelファイルの .xls は .xlsx に
  • PowerPointファイルの .ppt は .pptxに

といった具合です。

なのでOffice2003以前の古いオフィスだと、開けないのです。

ではxが付与されたこれらファイルを開くには、Office2007以降に移行しないと駄目かというと、そうではありません。
無料で開く方法はもちろんのこと、xlsxをxlsに変換したりdocxをdocに変換したりする方法もあります。

拡張子を .xlsx から .xls に変更しても開けない

まずは駄目もとで、2007以降のエクセルで作成された、xlsxファイルの拡張子をxlsに変更し、当方の環境Excel2000で開いてみました。


見事に文字化けしていて、どうにもなりません。

.xlsx .docx .pptx が無料で開ける「FileFormatConverters.exe」をインストール

これらファイルを開くには、Microsoft社謹製のフォーマット変換ツール「FileFormatConverters.exe」をインストールすればOKです。

http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=3
こちらのページへと飛び
「Word/Excel/PowerPoint 用 Microsoft Office 互換機能パック」をダウンロードします。

DLしたファイル「FileFormatConverters.exe」を実行すると「2007 Office system 互換機能パック」がインストールされます。

アンインストールしたい場合は、コントロールパネルからする事が可能です。

これで新しいオフィスを購入しなくても、.xlsx .docx .pptx を無料で開く事ができます。

docxをdocに変換、xlsxをxlsに変換

せっかくなので、開いた「x」付きのファイルはx無しに変換しましょう。

変換方法は、例えばxlsxファイルを開いたら「ファイル」から「名前をつけて保存」で、拡張子「xls」のMicrosoft Excel ブックとして保存します。

xlsとして保存すれば、2003以前のExcelでも開く事ができるようになります。

一時ファイルの削除

このように便利なFileFormatConverters.exeですが、一時ファイルがドンドンと蓄積されてしまう弊害があります。
蓄積される場所は、システムの環境変数Tempの場所です。

デフォルトだと
%USERPROFILE%\AppData\Local\Temp
つまり
C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Temp
となっているはずです。

そこに
Xl0000000.xls
Xl0000001.xls
Xl0000002.xls

といった具合に連番でどんどんと一時ファイルが作成されてしまうのです。

ですので定期的に、それらを削除するのが望ましいでしょう。

当方は環境変数のTEMPとTMPをRAMディスクに設定してありますので、PCを再起動すれば勝手に削除されます。

Windows Update で更新を

「2007 Office system 互換機能パック」のインストール後は、WindowsUpdateに9個の更新が出現するので更新しましょう。

これで、新しいオフィスを購入しなくても、無事に拡張子x付きファイルを開く事ができるようになりました。

Office2007以降のリボンに対して順応できない人もそれなりの割合でいらっしゃると思いますので、いまだに2003以前を使用している人もいるのではないでしょうか。

今回の方法を利用して、まだまだ古いオフィスを使い倒しましょう。

よろしければコメントをどうぞ

コメント欄(必須)

お手数で恐縮ですがスパム防止のため「半角数字」で下記計算式を埋めていただけますでしょうか

  • 送信後に「送信されました」等のメッセージ画面は表示されません。
  • 送信されたかどうか心配な場合は、再度送信なさってください。
  • 送信いただいたコメントは、承認後に表示されます。
サブコンテンツ

このページの先頭へ