M.2 PCIe変換で古いパソコンでもM.2 SSDからOS起動【AIF-06レビュー】

M.2スロットが無い古いパソコン(マザーボード)でも、M.2からPCI Expressに変換するAinex製ボード「AIF-06」を使用してOS起動できましたので報告します。

マザーボードは「AMD 970」チップセットを搭載した、Asrock製「970 Extreme3」です。
BIOS(UEFI)こそ2013年に公開された最新バージョン1.80にアップデートしてありますが、「AMD 9」シリーズチップセットは2011年5月31日発表の古いチップセットです。

そのような古いチップセットでも、M.2 PCIe変換ボードを使えばNVMeとして認識され、起動ディスクとしてOSブートができたのです。
なので、おそらくBIOSがUEFIなら、どのマザーボードでも大丈夫なのではないでしょうか。

AIF-06は M.2 SATA SSDも使用でき、電源不要

こちらがアイネックス製「AIF-06」の箱画像になります。

  • 高速なM.2 NVM Express(NVMe) SSDカードをPCI Expressスロット搭載パソコンで使用できる。
  • SATA接続は電力をPCI Expressスロットから供給し、SATAコネクタに接続したケーブルでデータ通信。
  • 対応M.2カードタイプ:2230 / 2242 / 2260 / 2280
  • フルハイト用ブラケット及びロープロファイルブラケット付属

が主な仕様になります。

注意する点は、PCI-Express x4以上のスロットが必要という事です。
図から分かるように、明らかにx1のサイズではありません。

今回AIF-06を選んだ理由は、もしPCI-ExpressインターフェイスのM.2 SSDから起動できなくても、SATAインターフェイスのM.2 SSDを購入して、次のように接続すれば間違いなく起動ディスクとして使用できるからです。
(このマザーボードは今回使用した「970 Extreme3」ではありません)
AIF-06をSATAの起動ディスクとして使用
この接続だと、ただ単に普通の2.5インチのSATA SSDを接続しているのと全く同じなので、起動できないわけがないのです。
このような構成で何のメリットがあるかというと、PCIeスロットから電源供給がなされるので、通常の2.5インチSATAと違いSATA電源ケーブルの接続をしなくても良いところです。

ですのでプラグイン電源のケーブルを全て外す事ができるので、ケース内をすっきりとさせる事ができるのです。

当方がM.2 SSDを購入する目的は、スピードよりもケーブルレスを目指しているのです。
メモリは32~64GB搭載して大部分をRAMディスクとして構築し、そのラムディスクをテンポラリーや作業領域として使用しているので、スピードに関しては何も不自由していませんので。

PCI ExpressインターフェイスのM.2 SSDをAIF-06に設置

当方が所持するPCI ExpressインターフェイスのM.2 SSDは、Plextor製「PX-512M8PeG」です。

この製品にはヒートシンクが付いているのですが、さらなる冷却を目指して独自にヒートシンクを付けました。
詳しくは
M.2 SSDの冷却ヒートシンク取り付け方法を図解しレビュー!ファン無しで十分冷える
をご覧ください。

PX-512M8PeGをAIF-01のスロットに差し込むと

PX-512M8PeGのヒートシンクがAIF-01のコンデンサに干渉してしまい、斜めに差し込んだ状態が精一杯で、とてもネジ留めはできません。
これ以上無理に押し込もうとすると、間違いなく接合部のどちらか、もしくは両方が破損します。
なので暫定処置として、図のように布テープで留めました。

拡大図はこちらになります。

赤いラインがヒートシンクのラインです。
丸を付けたコンデンサと見事に干渉しています。

ただし、AIF-06はM.2 SSDの規格サイズにのっとって製作されているので、そのサイズからはみ出したヒートシンクを付けているPX-512M8PeG側の問題です。

UEFIでブートドライブとして認識され、AIF-06から起動

布テープで固定した状態でPCI Express x4スロット(形状はx16)に差し込み、電源をオン。

BIOSに入ってみると、無事にブートディスクとして認識されていました。


PCIeスロットにインストールしたので、当たり前ですがSATAポートやeSATAポートは「Not Detected」状態です。

このPX-512M8PeGは別のマザーボードでWindows7をインストール済みの物でしたので、その後はWindowsが起動したのでした。

アクセスランプはボード上のみ

ATAボードやSATAボードそしてRAIDボードには、アクセスLED用の端子があるものも多く、PCケースのHDD LEDを接続すればアクセス状態を確認する事ができます。

このAIF-01には、そのようなLED用の端子は見当たらず、アクセスがあった場合はボード上の「LED1」と印字された部分のLEDが光るようになっています。

ディスクアクセスがあった時は、このアクセスランプが青く光り、格好いいのです。

しかし、やはりアクセスランプが見えないと不便だなと、非常に残念な気持ちになったのですが、当方のケースは「JONSBO U4」なので、左サイドはガラス張りなのです。
ですのでケース左側面を見ればこのLEDの光がよく見えるので、何も問題無かったのです。

PX-128M8PeGNでAIF-06のベンチマークを測定

このようにAIF-06は、当方が欲する事を何の問題もなくできる事が分かりましたので、ヒートシンク無しのM.2 SSD「PX-128M8PeGN」を購入して運用する事に決定しました。

PX-128M8PeGNが手元に届いたので自作のヒートシンクを付け、そしてベンチマークを測定してみる事に。
ベンチマークといっても、PX-128M8PeGN自体のベンチではなく、AIF-06のベンチの事です。

どういう事かというと、M.2ネイティブで接続した時と、AIF-06に取り付けてPCI Expressスロットに接続した時のどれだけ速度差があるかを測るという事なのです。

一見、M.2からPCIeへ変換する事によってオーバーヘッドが生じ、速度が低下しそうなものなのですが、果たして結果はどうなるのでしょうか。

M.2接続時のベンチマーク

使用したマザーボードは、Asrockの「AB350M Pro4」です。
M.2スロットは、PCIe Gen3 x4で接続されているので十分な帯域があり、これがボトルネックになる事はありません。

PX-128M8PeGNの全領域にNTFSパーティションを作成し、Trimを実効してからCrystalDiskMarkでベンチを測定しました。

当方の環境だと、PLEXTOR公証値の、リード:1600、ライト500 よりはかなり落ちる結果となりました。
なにはともあれ、これがM.2でのベンチマークとなります。

PCIe接続時のベンチマーク

次はPX-128M8PeGNをAIF-06に取り付けてPCI-Expressスロットに接続しました。

こちらもPCIe Gen3 x4なので、ボトルネックになる事はありません。

再度Trimを実効した後にスピードを測定する事に。

ご覧のとおり、M.2接続時とほとんど同じです。
誤差程度の違いしかありません。

このベンチマークから推測できる事は、どちらの接続でも結局PCI Expressインターフェイスでの接続なので、オーバーヘッドは生じないという事なのでしょう。

SATAインターフェイスのHDDやSSDをeSATAで接続しても速度低下が起きないみたいなものだと思われます。

ケーブルレスPCに近づいた

このAIF-06を使えば、UEFI搭載のマザーボードなら、メーカーサイトに明記されていなくてもかなりの確立でPCI ExpressタイプのM.2 SSDを起動ドライブとして使用できるのではないでしょうか。
もし起動ディスクとして認識されなくても、SATAタイプのSSDにすれば間違いなく起動できますので。

FDDはおろか内蔵の光学ドライブまでもが淘汰されつつある昨今、残るSSDもM.2タイプにすれば、わずらわしいケーブルから完全開放される事になります。

  • OS起動可能
  • 側面がガラスタイプのケースを使えば、アクセスランプ問題も解決
  • PCIe接続への変換による速度低下無し

と、不安に思っていた事は全て解消できました。

M.2 SSDという、ケーブルレスに近づける素晴らしい規格がより発展する事を期待します。

よろしければコメントをどうぞ

コメント欄(必須)

お手数で恐縮ですがスパム防止のため「半角数字」で下記計算式を埋めていただけますでしょうか

  • 送信後に「送信されました」等のメッセージ画面は表示されません。
  • 送信されたかどうか心配な場合は、再度送信なさってください。
  • 送信いただいたコメントは、承認後に表示されます。
サブコンテンツ

このページの先頭へ