Windows7 全エディションインストールディスク作成

Windows7の全てのエディション(バージョン)を1枚のディスクでインストールできる様にする方法を紹介します。
Microsoft謹製のツールを使用して構築しますので、非常に安全です。

また、Windows7インストールディスクの各ファイルを修正する必要もないので、簡単です。

Windows7はVistaと違い、インストール時にエディションの選択ができない。

「エディションの選択ができない」
これがWindows7のインストールを初めて行った時の感想です。

WindowsVistaは、インストール時にエディションを選択する事ができました。
この仕様のおかげで、複数のエディションを購入した場合でもインストールディスクは1枚のみ用意しておけば良いというメリットがありました。

ところがWindows7はエディション毎にディスクが違うため、購入したエディションのディスクを使用しないとインストールできなくなりました。

もっともWindowxXP以前だとこれが当たり前だったのですが、Vistaでの便利な仕様を体験した後だと不便に感じてしまいます。

ei.cfg を削除する事でオールエディションインストールを可能にする

このエディションの選択ができないという仕様の原因は、Windows7インストールディスクの Sourcesフォルダ内の "ei.cfg"というファイルにあるのが分かりました。
当方所有のWindows7Professionalの ei.cfgを見てみると、中身は下記の様なテキストファイルでした。

[EditionID]
Professional
[Channel]
Retail
[VL]
0

この様に、[EditionID] が "Professional" と明示されているので、Professionalのみしかインストールできないのです。

ですのでこのei.cfgを削除すれば、Vista同様インストール時にエディションの選択画面が出現します。

しかしただ単に削除してからDVDメディアに焼いただけではブートする事が出来ません。
それでは使用する事が出来ませんので、次にブート可能な手法を紹介します。

oscdimg.exe でブート可能なWindows7インストールメディアとする

oscdimg.exe の取り出し

ブート可能にするには oscdimg.exe を使用するので、下記の方法で用意しましょう。
Microsoftダウンロードセンターより、Windows7用のWindows自動インストールキット をダウンロードします。

ダウンロードした "KB3AIK_JA.iso" を

  • ライディングソフトで光学メディアに焼く
  • Virtual CloneDrive 等で仮想ドライブにマウント

上記のどちらかを行い、ルート直下にある StartCD.exe を実行します。

そして「Windows AIK セットアップ」をクリックして、Windows Automated Installation Kit をインストールします。
(インストールしたくない人には別の方法を後述します)

デフォルトのままインストールすると、"C:\Program Files\Windows AIK\Tools" の中のフォルダ群に、下記の3個のフォルダが確認できます。

  • amd64
  • ia64
  • x86

そして、それぞれのフォルダの中に oscdimg.exe があるので、それを使用する事になります。

  • 64ビットWindowsを使用している場合は、amd64 か x86
  • 32ビットWindowsを使用している場合は、x86
  • Itaniumを使用している場合は、ia64

の中の oscdimg.exe を使います。
ia64を使用する場合はまず無いはずです。

上記の「64ビット」や「32ビット」というのは、この作業をしているPCが「64ビットWindows」を使用しているのか、又は「32ビットWindows」を使用しているかという事です。
作ろうとしている「Windows7全エデイションインストールディスク」の事ではありません。
例として、Windows7 32bit のPCで「Windows7 64bit の全エディションインストールディスク」を作成する場合は「x86」の中の oscdimg.exe を使用する事になります。

Windows Automated Installation Kit をインストールしたくない人は、KB3AIK_JA.isoイメージ内のルート直下にある Neutral.cab の中を見ましょう。

  • F1_oscdimg が、x86のoscdimg.exe
  • F2_oscdimg が、ia64のoscdimg.exe
  • F3_oscdimg が、x64のoscdimg.exe

となりますので、任意の場所に取り出した後、oscdimg.exe とリネームしましょう。
こちらの方が簡単かもしれません。

これでoscdimg.exe の取り出しは完了しました。

oscdimg.exe コマンドでブート可能にする

これで準備は整いましたので、いよいよ起動可能なイメージ作成に取りかかります。

任意のドライブに適当なフォルダを作成し、その中にWindows7のインストールDVD内のフォルダ、ファイルを全てコピーします。
Windows7 のエディションは、もちろん何でも大丈夫です。
今回は C:\win7 を作成し、その中にコピーしました。

フォルダの更新日時を変更したくないというこだわりのある人(私の事です)は、Fire File Copy を使用しましょう。

そして問題のei.cfgを削除します。
今回のケースのフルパスだと C:\win7\sources\ei.cfg ですね。
削除すると、親ディレクトリであるsourcesの更新日時が更新されてしまいます。
それは嫌だという人(これも私の事です)は、ChTime を使用し、元の更新日時に戻しましょう。

Fire File Copy も ChTime も、インストール不要なのでおすすめです。

そしてコマンドプロンプトを開き、上述のoscdimg.exeがある階層に移動し、下記の様に実行すると D:\win7multi.iso というブート可能なisoイメージが作成されます。

oscdimg.exe -u1 -m -o -bC:\win7\boot\etfsboot.com -lWIN7MULTI C:\win7 D:\win7multi.iso

  • -b 及び -l の後にはスペースを挿入していないので、お気をつけください。
  • -l の直後には、作成されるDVDイメージのボリュームラベルを指定します。
    今回は WIN7MULTI となります。
  • D:\win7multi.iso の部分には、作成されるisoファイルを指定します。
    C:\win7 と D:\win7multi.iso は、物理的な別HDDを指定した方が早いし、HDDにかかる負担が少ないです。

作成された win7multi.iso をライティングソフトでDVDメディアに焼きブートしてみましょう。

このように、見事インストールするエディションの選択画面が現れます。

Windows7インストールディスクのボリュームラベル

参考までに、私が所有するWindows7インストールディスク4種類のボリュームラベル(ボリューム名称)を記述しておきます。

「GRMCPRFRER_JA_DVD」アップグレード版・プロフェッショナル・32ビット・SP無し

GRMCPRFRER_JA_DVD

「GRMCPRXFRER_JA_DVD」アップグレード版・プロフェッショナル・64ビット・SP無し

GRMCPRXFRER_JA_DVD

「GSP1RMCHPFREO_JA_DVD」DSP版・ホームプレミアム・32ビット・SP1

GSP1RMCHPFREO_JA_DVD

「GSP1RMCHPXFREO_JA_DVD」DSP版・ホームプレミアム・64ビット・SP1

GSP1RMCHPXFREO_JA_DVD

16 Responses to “Windows7 全エディションインストールディスク作成”

  1. 匿名 より:

    すでにインストールされたWindows7から上位のエディションへは、この方法を使って、アップグレードできますか?

    • web管理者 より:

      いえ、この方法はクリーンインストールを前提とした手法です。
      まずはインストールディスクをご用意する必要がありますよ。

  2. 匿名 より:

    windows7 インストールDiskを捜していたのですが、
    見つけたのは、64bitかX86のどちらのDiskかが
    分からなかったのですが
    GRMCPRFRER_JA_DVDがX86
    GRMCPRXFRER_JA_DVDがX64
    これで、X86がインストールできます
    ちなみに
    GSP1RMCHPXFREO_JA_DVDはSP1のX64とわかるようになりました
    ありがとうございます

    • web管理者 より:

      ご訪問及びコメントありがとうございます。
      以前はボリュームラベルの文字列だけをアップしていたのですが、以外とボリュームラベルで検索して来られる方が多いので、証拠画像(?)のプロパティ画面もアップした経緯があったのです。
      お役に立てて何よりです。
      また是非お越しくださいませ。

  3. 匿名 より:

    教えていただきたいのですが、windows7PCに付属していた再セットアップディスクで起動しない場合も有効な手段でしょうか?

    • web管理者 より:

      こんにちは。
      この方法はWindows7のインストールディスクを対象とした手法です。
      再セットアップディスクといったものとは別問題になります。

  4. しんちゃん より:

    コメント失礼します。
    「Operating System not found」
    FMV blbioのノートパソコンです。
    何とか直したいの、ですが、よろしくお願いいたします(>.<)y-~

    • web管理者 より:

      しんちゃん さんへ。
      ハードディスク(or SSD)に異常が発生した可能性大です。

      もしくはHDD以外のデバイスから起動しようとしているのかもしれません。
      CDやDVDやBD等の光学メディアや、USBメモリ、フロッピーディスクといった物を全て抜いた状態で起動してみてください。

  5. 匿名 より:

    失礼します。
       参考にさせてもらったのですが、出来た.isoが5.21GBあるんですが
       これって失敗ですか?

       ライティングにはDLがいるってことですか?

    • web管理者 より:

      匿名さん、こんにちは。

      ei.cfgを削除しただけですので、出来上がったisoファイルは元のサイズとほぼ同じはずです。
      ですので5.21GBもあるはずないと思います。
      工学メディアへのライティングは、適当なライティングソフトをご使用ください。

      • 匿名 より:

        x86とx64はコピーするDVDに依存するのですか?それともoscdimg.exe
        または使用しているPC(インストールする)に依存するのでしょうか?

        • web管理者 より:

          使用しているPCに依存します。
          説明不足だったので記事中に追記しましたのでご確認ください。

  6. X より:

    できれば、USB3.0のドライバーも付加したインストールデスクを作成したいと思います。お時間の許す範囲で結構なので、追記して頂ける事を期待します。

    • web管理者 より:

      Xさん、コメントありがとうございます。

      新しいチップセットの場合、Windows7のインストールディスクではUSB3.xはおろかUSB2.0さえも認識しない事もあるのでインストール時に詰んでしまう事もあり、そのような場合はUSB3.xのドライバが統合されていると便利ですよね。
      何とか善処してみます。

      当方も先日のRyzen環境にの以降において詰んでしまった事があります。
      http://comp-lab.net/window7-install-ryzen7-ryzen5

  7. 匿名 より:

    Windows Ultimateのインストーラ(64ビット版と、32ビット版)を持っていたので、
    書いていただいたやり方で作ったところ、
    32ビット版はマルチエディションにできましたが、
    64ビット版はマルチエディションになりませんでした(Ultimateがインストールされる)
    なぜでしょう。。。
    もし何かお心当たりありましたらご教示いただけますとうれしいです。

    • web管理者 より:

      匿名さん、当ページをご覧になって実践していただいたみたいで、ありがとうございます。
      Ultimate64bitのディスクを使用して作成した結果、マルチエディションにならずUltimateがインストールされるのですね。

      考えられる理由としては、失礼ながらei.cfgが削除できていないくらいしか思い浮かびません。
      作成されたISOの中をご確認ください。

      あとはご使用のWindowsが64ビットの場合は、念のためamd64の中のoscdimg.exeを使用してみるとか。

よろしければコメントをどうぞ

コメント欄(必須)

お手数で恐縮ですがスパム防止のため「半角数字」で下記計算式を埋めていただけますでしょうか

  • 送信後に「送信されました」等のメッセージ画面は表示されません。
  • 送信されたかどうか心配な場合は、再度送信なさってください。
  • 送信いただいたコメントは、承認後に表示されます。
サブコンテンツ

このページの先頭へ