Ryzen + Windows7環境でWindows Updateができない件の対策2つ

AMDファンが待ちに待ったハイパーCPU・Ryzenシリーズですが、そのRyzenで組んだシステムにWindows7をインストールし、Windows Updateを実行してから再起動すると次のようなメッセージが表示されてしまいます。

ハードウェアがサポートされていません

お使いのPCは、このバージョンのWindowsでサポートされていないプロセッサを使用しているため、更新プログラムは提供されません。
この状況に対処するには、詳細情報のリンクを選択してください。

実際にポップアップされる画像はこのようなものです。

このメッセージが表示されると、それ以降は次のようにWindowsUpdateができなくなります。

これでは困りますので、対策を2つ紹介いたします。

Windows Updateができなくなった経緯

米Microsoftは昨年2016年8月11日(現地時刻)に

Intel第7世代CPU「Kaby Lake」と、AMDの第7世代CPU「Bristol Ridge」は、Windows10のみをサポートする

と発表しました。

今後発売となるKaby LakeやBristol Ridgeを使用した環境においては、Windows7やWindows8はサポート外となるという事です。

「CPUのサポートって何?サポートなんかなくても動作するし。」
と、発表当時は思っていましたが
「お使いのPCは、このバージョンのWindowsでサポートされていないプロセッサを使用しているため~」
というメッセージから察するに、対象CPUで構築されたPCではWindowsUpdateをできなくしてしまうという事だったのです。

この発表がされた時、Kaby Lakeの登場を楽しみにしていたWin7使いのインテルファンにとってはショッキングだったことでしょう。

しかしAMDのCPUはもう何年も性能が伸び悩んでいたゆえ、AMDファンでWin7使いの私は
「Bristol Ridgeも大したことないだろうから買わない。ずっとPhenom II とA10-7890Kを使うよ。」
と、対岸の火事で他人事でした。

ところがRyzenCPUの素晴らしさゆえに発売日に秋葉原で購入し、そしてこの問題に直面するようになってしまいました。

Windows Updateができなくなる原因

では具体的にどういう方法でWindowsUpdateができなくなるかというと、Windows7システム向けに毎月提供している
「Windows7向け セキュリティ マンスリー品質ロールアップ」
というHotfixによって、RyzenやKabyLakeシステムをWindowsUpdate対象外とするのです。

「Windows7向け セキュリティ マンスリー品質ロールアップ」の例。
先頭の文字列で年月が識別できます。
このケースだと2017年9月です。

このマンスリー品質ロールアップをインストールすると再起動を促され、再起動後には冒頭で表示したように「ハードウェアがサポートされていません」とメッセージが出て、それ以降はWindowsUpdateが出来なくなります。

対策その1・インストールしない

対策その1としては「Windows7向け セキュリティ マンスリー品質ロールアップ」をインストールしない事です。

私の「Ryzen 5 1600X」環境の場合、2017年6月のマンスリー品質ロールアップを適用した事によって、WindowsUpdate対象外となってしまいました。

なので、即効でシステムの復元でWindowsUpdate前に戻し、その後はマンスリー品質ロールアップを適用しないように注意し、問題無くWindowsUpdateができています。

赤線で囲んだマンスリー品質ロールアップを含む6個のHotfix適用によってWindowsUpdateができなくなったので、システムの復元で元に戻し、青線で囲んだようにマンスリー品質ロールアップ以外の5個のHotfixを再度適用した履歴がご確認いただけると思います。
システムの復元をしても、WindowsUpdate更新履歴は元に戻らないので、このように5個のHotfixに関してはダブって履歴として残っています。

2017年5月の「Windows7向け セキュリティ マンスリー品質ロールアップ」では何の問題もなかった事が、このWindowsUpdate履歴画像からご確認いただけると思います。
問題となるのは2017年6月分以降ということでしょうか。

ただ、マンスリー品質ロールアップをインストールしない事によって、何らかの不具合がある可能性も捨て切れません。

また、既にマンスリー品質ロールアップを適用してしまった人には、この方法は使えません。
わざわざWindows7を再インストールするのも面倒でしょうし。

対策その2・有志が作成のパッチを適用する

対策2は、有志が作成してくれたパッチを当てることです。

https://github.com/zeffy/wufuc/releases へと飛びます。

「wufuc」の一番新しいバージョンをダウンロードします。
私はセットアップファイルではなく、zipファイルをダウンロードしました。
"wufuc_v0.7.1.81.zip" です。


ダウンロードした"wufuc_v0.7.1.81.zip"を解凍すると"wufuc"というフォルダが作成されるので、そのフォルダの中の"install_wufuc.bat"というバッチファイルを実行します。

なお、私の環境ではAVGアンチウィルスが反応しましたので、そのような場合は一時的に無効にしておきましょう。

コマンドプロンプトが立ち上がります。

'Y'を入力するようにプロンプトが出るので、入力してエンターを押します。


「wufuc」が無事インストールされました。
wufucをアンインストールする場合は、"uninstall_wufuc.bat"を実行するようにとメッセージが出ています。

WindowsUpdateを実行してみると…

問題なく実行できています。

対策2の注意点

パッチを当てる前に、念のためにシステムの復元で復元ポイントを作成しておきましょう。
いざ不具合が出れば元に戻せますし。
システムの復元領域も十分確保しておいた方がいいですね。

そして対策2のパッチ配布サイト https://github.com/zeffy/wufuc/releases を見ると分かるのですが、頻繁にアップデートがなされています。

これは「Windows7向け セキュリティ マンスリー品質ロールアップ」が更新されてWindowsUpdateが出来なくなる度に、新たなパッチを作成しなければならないからです。

つまり「ハードウェアがサポートされていません」のメッセージが出る度に、定期的にこのパッチを適用する必要があるという事です。

とはいえ、それほど頻繁に行う必要もないでしょうし、何より使い慣れたWindows7を使用し続けられるメリットに比べたら、大したデメリットではないでしょう。

Windows7の延長サポートが終了する2020年1月14日まで、この素晴らしきOSを使いたおしてやりましょう。

よろしければコメントをどうぞ

コメント欄(必須)

お手数で恐縮ですがスパム防止のため「半角数字」で下記計算式を埋めていただけますでしょうか

  • 送信後に「送信されました」等のメッセージ画面は表示されません。
  • 送信されたかどうか心配な場合は、再度送信なさってください。
  • 送信いただいたコメントは、承認後に表示されます。
サブコンテンツ

このページの先頭へ