Hotmailが受信できない!エラー:3219 0x8DE00005 の対策方法

2017年の2月に入り、突然Windows Live メールにて Hotmailが受信できないという状況になりました。

「サーバー エラー: 3219」
「Windows Live メール エラーID: 0x8DE00005」
という下図のようなエラーメッセージが表示され、送受信できなくなったのです。

不具合や障害が起きているのかと、数日間様子を見ていたのですが、一向に直る気配が見られませんでした。

よって原因究明に取り掛かったのですが、恐らくメールサーバーアドレス及び使用ポートが変更になったためと思われ、そして無事解決したので対処方法を紹介します。

当方の環境はWindows7 64bit SP1 なのですが、Win8やWindows10でも恐らく可能なのではと思っています。
使用しているWindows Live メールのバージョンは古く、
Version 2008 (Build 12.0.1606)
です。

Microsoftアカウントへアクセスする

前述のエラー画像では

Hotmail アカウントのメッセージを送受信するには、http://hotmail.live.com にアクセスしてから、もう一度やり直してください。Windows live のカスタマーサポートに問い合わせる場合は、http://support.live.com にアクセスし、サービス一覧の [Windows Live メール] をクリックします。

と出ているので、http://hotmail.live.com へとアクセスし、Hotmailのメールアドレスと、メールパスワードを入力しました。
おそらくHotmailのWebメールへとログインするのだと想像できます。
ところが

このように、知らない間に電話番号の入力が必須となっていたのです。
できれば電話番号といった個人情報は入力したくないので、別の方法を探すことにしました。

代替案として見つけたのが https://login.live.com/ からログインするという方法です。
こちらだと電話番号を追加せずともログインできました。

ログインした先は単なるHotmailのWebメールではなく、「Microsoftアカウント」という統合的なサービスでした。
Hotmailサービスは、その中の一環という位置付けになっていたのです。


とりあえずHotmailの設定を見たいので、ログインしたトップページの「受信トレイを表示する」へと進みました。

Outlookメールに解決の糸口があった

「受信トレイを表示する」をクリックして飛んだ先は、Outlookメールのウェブメールページでした。


とりあえず環境設定画面を見たいので探すことに。
右上の歯車アイコンをクリックすると「オプション」が見つかったので、クリックします。

下図のオプション画面が出ます。
「POP と IMAP」の項目が怪しいのでクリックしてみることに。

すると「POPの有効・無効」「IMAPサーバー」「SMTPサーバー」という、貴重な情報が記されていました。

当方の設定では、上図のように「POPの設定」が無効になっていましたので「はい」を選択して有効にすれば解決するのかもしれないのですが、それだと普通のメールアドレスと同じ使い方になってしまい、意味がありません。

なぜならHotmailの利点は「メールサーバーとの同期」なのです。
とある端末(PC1)においてHotmailの受信トレイの中のメールを削除すれば、それと同期してメールサーバー上の受信メールも削除され、別の端末(PC2)の受信トレイの受信メールも削除されるのです。

そしてそういった同期が可能なのは「IMAP」という仕組みのおかげなのです。

つまり上図において、SMTPサーバーアドレス(及びポート番号)のみならず、IMAPサーバーアドレス(及びポート番号)が記されているので、この情報を利用すればいいのです。

Windows Live メール で手動で設定する

IMAPサーバーアドレスが
imap-mail.outlook.com
ポート番号が
993

SMTPサーバーアドレスが
smtp-mail.outlook.com
ポート番号が
587

という情報がわかりましたので、本題の Windows Live メールで設定をしていきます。

おなじみの電子メールアカウント追加画面で、Hotmailアドレスやパスワードといった情報を入力します。

今まででしたら、このまま「次へ」をクリックすれば、Windows Live メール が自動でHotmailならではの設定をしてくれました。
ただ、今回は「電子メールアカウントのサーバー設定を手動で構成する」にチェックを入れてから「次へ」をクリックしましょう。


上図のように、さきほど確認したメールサーバー情報を入力します。
注意するポイントは「受信メールサーバーの種類」を「IMAP」にする事です。
また、各チェックボックスをオンにすると、ポート番号が変わる事がありますので、必ず上図のようになっているのを確認してから「次へ」をクリックしてください。

次の画面に移ったら「完了」をクリックすると、下図のように今まで見た事が無い画面が現れるので「OK」をクリックします。

見事にサーバー上のHotmailと同期が取れました!!

ただしこの段階ではメールのヘッダーのみが表示されている状態で、メールの中身の実体は Windows Live メール内にはダウンロードされていません。
まずは初回の「送受信」を行い、サーバー上のメールデータをダウンロードしましょう。


当方のように、受信トレイに200通以上ものメールがある場合は、数分程度ダウンロードに時間がかかると思われますが、1度きりなので問題はありません。
この処理は以前のHotmailでも行われていたものですし。

Windows Live メール での設定変更項目

後は今までと同じ使用をする事になります。
とはいえ、いくら初回ダウンロードが終わった後とはいえ、デフォルト設定のままだと送受信に1分以上時間がかかるはずです。
ですので、不要と思われる処理はしないように設定します。


「受信トレイ」に関しては、同期設定を「すべてのメッセージ」にしておくのが良いでしょう。

しかしそれ以外の

  1. Drafts
  2. Sent Items
  3. Junk E-mail
  4. Deleted Items
  5. Deleted
  6. Junk
  7. Notes
  8. Outbox
  9. Sent
  10. アーカイブ

といった項目は全て「同期しない」にしましょう。
上記10項目以外に自分で任意のフォルダを作った場合も同様です。
これで下図のようにタスク項目が激減し、大幅なスピードアップが達成できます。


しかしそれでもまだ、「Notes」といった10項目のチェックが行われており、やや時間がかかってしまいます。

これらの処理も無くせばより早くなるわけでして、その方法はHotmailアカウントのプロパティ画面で設定できます。

デフォルトでは「すべてのフォルダで新着メッセージを確認する」にチェックが入っているのですが、このチェックを外せば大丈夫です。

Outlook ウェブメールでの設定

Windows Live メール上でのデフォルトでは「Deleted Items」「Junk E-mail」といった表示となっていて、それでも十分に理解できるのですが、一応表示の変更方法があります。

前述のOutlook ウェブメールページにて、該当項目を右クリックして「名前の変更」をクリックすれば名称を変える事が可能です。

Windows Live メール のサポートが2017年1月10日に終了した事に伴い、後継のメールソフトを探しているようなケースでも、この方法によってしばらくは使い続ける事ができるのです。
サポート終了理由は、おそらく無償で修正を提供し続ける事が厳しくなったのではと思われます。

マイクロソフトのメーラーには、Outlook Express 時代から20年以上もお世話になりました。
感謝の気持ちで一杯です。

よろしければコメントをどうぞ

コメント欄(必須)

お手数で恐縮ですがスパム防止のため「半角数字」で下記計算式を埋めていただけますでしょうか

  • 送信後に「送信されました」等のメッセージ画面は表示されません。
  • 送信されたかどうか心配な場合は、再度送信なさってください。
  • 送信いただいたコメントは、承認後に表示されます。
サブコンテンツ

このページの先頭へ