「LIFEBOOK E741/C」に、メモリ16GBをインストールする

LIFEBOOK E741/C にメモリ16GBは搭載可能なのか?

富士通製ノートPC、LIFEBOOK E741/C  にメモリを16GB搭載して認識させる事が可能かを検証しました。

  • 2011年4月、7月発売。
  • チップセットは QM67 Express
  • CPUは Core i7-2620M

 入手時は

  • メモリが2GB
  • HDD160GB

という構成でした。

メモリ2GBで仮想メモリ無しで運用した場合、メモリ不足になるのは明らかです。
かといって仮想メモリを作成した場合、メモリに比べてはるかに速度の遅いHDDゆえにパフォーマンスが激減します。
特にノート用の2.5インチHDDだと、デスクトップ用の3.5インチよりもさらに遅いです。

これではせっかくの Core i7-2620M の能力を引き出す事ができません。
HDDの読み書き待ちを行っている間に、CPUが遊んでしまうのです。

そういうわけでまずはメモリ増設を行うわけですが、RamDisk作成のためにもメモリは積めるだけ積みます。

LIFEBOOK E741/C のメーカーサイト だと、搭載可能メモリは「最大8GB」と記述されています。
install-16gb-memory-to-lifebook-e741c_10

2011年発売の製品としては、随分少ないな。
もっと載るだろうというのが感想でした。

この記事は、FMV-S8470 と FMV-S8380 に、メモリ8GBをインストールする の16GBバージョンみたいな物ですので、先ずはそちらをご覧になるのをおすすめいたします。

QM67 Express に載る最大メモリを調べる

搭載可能な最大メモリは、マザーボードのチップセットによって決まるのが基本です。
よって QM67 Express のインテルサイト で確認する事を試みました。

ところが最大搭載可能メモリの記述がありません。

「QM67 Express 最大メモリ」といったキーワードで検索しても、搭載可能な最大メモリの情報は得られませんでした。

第2世代Core i シリーズの搭載可能最大メモリはCPUによって決まる

チップセットのスペックシートに最大搭載可能メモリが記述されていないのは、よく考えると当たり前の事でした。

というのも、Core i7-2620M は「第2世代Core i」シリーズなのです。
いわゆる「Sandy Bridge」マイクロアーキテクチャですね。

そして第2世代Core i は、メモリコントローラーがチップセットではなく、CPUに内蔵されているのです。

よって、最大搭載可能メモリを調べるには、CPUのスペックシートを見る必要があるのです。

Intel Core i7-2620M Processor のメーカーサイト によると、最大メモリーサイズは 16GB となっています。
install-16gb-memory-to-lifebook-e741c_06

しかし前述の様に、メーカーサイトでは最大メモリが8GBとなっています。
これを「BIOSで8GBに制限している」といった見解をされる方もいらっしゃいます。

ですが FMV-S8470 と FMV-S8380 に、メモリ8GBをインストールする でも記述した様に、 そういった制限を行う事は無いだろうと判断して16GBのメモリを購入する事にしました。

8GB * 2枚セット「W3N1600PS-L8G」の購入

install-16gb-memory-to-lifebook-e741c_02
CFDが販売する「W3N1600PS-L8G」。
8GB * 2個 の合計16GBセットです。
DDR3は動作電源電圧は1.5Vですが、この製品は低電圧仕様なので1.35Vで動作します。

1.5V動作の「W3N1600PS-8G」の低電圧バージョンなので、「W3N1600PS-L8G」という製品名なのでしょう。
製品名中の 'L' という文字が "Low" を示しているのだと思われます。

ノートPCの場合は、少しでも発熱を抑え、かつバッテリーの持ちを良くするために少しでも消費電力を低くしたいものです。
低電圧バージョンを購入する事により、これらの改善が期待できるわけです。
(気分的な物ももちろんあります^^)

install-16gb-memory-to-lifebook-e741c_03
インストールした図です。

電源を入れ、BIOSにて認識されるメモリを確認してみます。
install-16gb-memory-to-lifebook-e741c_04
当たり前の様に、16384MB認識されました^^

 install-16gb-memory-to-lifebook-e741c_09
Memtest86+ V5.01 をクリア。
室温27度の時、CPU温度は69度となっています。
HALTが効いていない状態だと、CPU温度はかなり上昇しますね。

Windows7上から CPU-Zで「W3N1600PS-L8G」のSPDを確認しました。
install-16gb-memory-to-lifebook-e741c_05

最大16GB載るのに、 富士通のサイトには「最大8GB」と記述してある理由

デスクトップPC用の8GBモジュールが市場に出回り出したのが、2011年後半になってからです。
ノート用のSO-DIMMとなると、当然それより相当遅れての発売となるはずです。

その様な理由でテストするための8GBモジュールが無かったのではないでしょうか。

Core i7-2620M での メモリ動作スピードは、DDR3-1600(PC3-12800)

前述の Intel Core i7-2620M Processor のメーカーサイト によると、Core i7-2620M のDDR3動作スピードは 1066 / 1333 です。
install-16gb-memory-to-lifebook-e741c_06

ですが、今回DDR3-1600 のインストールを行い、CPU-Zで確認してみると
install-16gb-memory-to-lifebook-e741c_07
DRAM Frequency が 800Mhz、つまりDDR3-1600 で動作しています。

Windows エクスペリエンス インデックス でも
install-16gb-memory-to-lifebook-e741c_08
メモリのスコアが7.5 と、DDR3-1600 のデュアルチャンネル動作としか考えられない位の高い数値を出しています。

第2世代Core i シリーズのCPUを使用するなら、是非DDR3-1600(PC3-12800)のメモリを購入されると良いでしょう。
低電圧製品でも、通常電圧製品と金額はそれほど違わないので、低電圧バージョンをおすすめします。

よろしければコメントをどうぞ

コメント欄(必須)


九 + 3 =

  • 送信後に「送信されました」等のメッセージ画面は表示されません。
  • 送信されたかどうか心配な場合は、再度送信なさってください。
  • 送信いただいたコメントは、承認後に表示されます。
サブコンテンツ

このページの先頭へ