WZR-HP-G450H で 無線LAN子機 WLI-UC-G450 と 450Mbps で通信する

Buffalo製 無線LANルーター「WZR-HP-G450H/U」で、450Mbpsの通信速度を確立する方法を今更ながら調べて見ました。

wzr-hp-g450h-double-speed-setting_02

パッケージでは 450Mbps の速度が出ると大きくうたってあります。

この「WZR-HP-G450H/U」は
無線LANアクセスポイント「WZR-HP-G450H」と
無線LANアダプタ「WLI-UC-G450」がセットになった製品です。
「WLI-UC-G450」はUSB接続インターフェイスなので、末尾に「/U」が付加されているのです。

wzr-hp-g450h-double-speed-setting_03
こちらが付属の「WLI-UC-G450」です。

ドライバをインストールするも速度は変わらず

先ずは上記無線LAN子機のドライバをインストールするため、Buffalo のサイトから「エアナビゲータCD」をダウンロード。

wzr-hp-g450h-double-speed-setting_04
そしてインストールを行うのですが、余分な物はインストールしたくないので、「エアステーション無線子機ドライバ」のみにチェックを入れてインストール開始します。

これで子機ドライバがインストールされ「WLI-UC-G450」が認識・動作します。

wzr-hp-g450h-double-speed-setting_05
状態を確認してみると、通信速度は 216.5Mbps ですね。
とても製品がうたっている 450Mbsp には程遠いです。

親機ルーター内に、それらしき設定があるのではと探してみる事に。
wzr-hp-g450h-double-speed-setting_06
ありましたよ。
いかにもそれらしきネーミングの「倍速モード」が。
この帯域が現在20Mhzに設定されているので、それを40Mhzにすれば 450Mpbs の速度が出るはずなので、実行してみました。

結果、全く通信速度は変わらずでした。
なのでとりあえず、元の20Mhzに戻しておきました。

 倍速設定ツールのインストールが必要

さらに調べると、上述のエアナビゲータCD から「AirStation倍速設定ツール」をインストールして倍速設定をせねば、倍速で動作しないとの事。

wzr-hp-g450h-double-speed-setting_07
今回も余分な物はインストールしないで「AirStation倍速設定ツール」のみにチェックを入れてインストールします。

http://buffalo.jp/product/wireless-lan/client/wli-uc-g450/
上記リンクから"仕様" を見ると、
wzr-hp-g450h-double-speed-setting_08
この様に、倍速設定ツールは Vista64bit には非対応となっていますが、当方の Vista64bit で下記の様に無事動作しましたので。

AirStation倍速設定ツールのインストールが完了したら起動します。
ウィザードに従って進めていくと、倍速設定にしたいイーサネットアダプタを選択する画面が現われます。
wzr-hp-g450h-double-speed-setting_09
ここではBuffalo製の対応した無線LANアダプタを選択しましょう。
他社製品等を選択しても効果はありません。

次の画面では
倍速(40Mhzモード)を使用する
を選択します。

その次の画面では
引き続きAirStation(親機)の設定を変更する
を選択します。

下記画面が現われたら、
倍速(40Mhz)モードを使用する
を選択して次へ。
wzr-hp-g450h-double-speed-setting_10

そして、数十秒程経過すると設定が完了します。

wzr-hp-g450h-double-speed-setting_11
 再び状態を見て見ると、見事450Mbps になっていました^^

倍速と等速の変換方法

wzr-hp-g450h-double-speed-setting_12
無線LAN親機のセッティングを見ると、帯域の項目が 40Mhz に設定されていました。

AirStation倍速設定ツールで倍速に設定した後は、この帯域の項目をいじるだけで倍速と等速の変更ができます。

  • 帯域を「40Mhz」にすれば、倍速
  • 帯域を「20Mhz」にすれば、等速

となります。
肝心なのは、AirStation倍速設定ツールにより、ソフトウェア的なセッティングを行う必要があるということですね。

ただ、無線LAN子機のインターフェイスがUSB2.0でありますので、450Mbpsにしたところで効果を実感する事はほとんどないと思います。

USB2.0は理論上480Mbps出ますが、実効速度はせいぜい30Mバイト/秒、つまり240Mbps位でしょう。
ただこれは私が2004年位に行った実験結果ですので、今のUSBチップだとどうかは分かりません。

しかしそれでも、倍速にしない場合は216.5Mbpsしか出ないわけですから、450Mbpsに設定する事により、わずかながら頭打ち解消にはなる事になるケースもあるかもしれませんね。

何より気分がよろしいわけですし。

よろしければコメントをどうぞ

コメント欄(必須)


4 × = 十二

  • 送信後に「送信されました」等のメッセージ画面は表示されません。
  • 送信されたかどうか心配な場合は、再度送信なさってください。
  • 送信いただいたコメントは、承認後に表示されます。
サブコンテンツ

このページの先頭へ