Windows UpdateがWin7とVistaで遅い・進まない場合の対策の1つはひたすら待つ事

久しぶりにWindows7をクリーンインストールし、まずWindows Updateをかけてみたところ、そのあまりの進まない状態をみて
「何か不具合があるのか?」
と思いました。

ただクリーンインストール直後、しかもSP1適用ディスクを使用しているということで、これ以上はないクリーンな環境ですので原因が分かりませんでした。

Web上では同じ様な状況に悩まされている同士がいたのですが、ただひたすら待つ事という消極的な対策で解決した事を報告します。

クリーンインストール直後のWindow Updateが始まらない

Windows7 SP1適用済 のディスクでインストールを行った直後に行うべき事は、Windows Updateというのは鉄則です。
もっともそのためにはLANドライバーのみは入れますが。

当方の確認では、2015年初頭の段階では問題なく Windows Updateがスムースに進みました。

ところが2015年秋にクリーンインストールをしたところ
「更新プログラムを確認しています…」
の状態から全く進まないのです。

そのまま寝落ちしてしまい5時間近く経った頃に起きた時もまだ続いていたのですが、突然
「更新プログラムをコンピューターにダウンロードしてインストールします」
という、嬉しい画面に切り替わりました。

それを見て
「Windows Updateは随分と時間がかかる様になったんだな」
と思いました。

ただ、とにかく待つ事によって解決するというのが判明しました。

Windows Update が始まるまでの時間

様々なマシンでWin7クリーンインストールを行い Windows Updateを行った結果、開始されるまでの時間は下記の様になりました。

スペック 時期 時間
Phenom II X4 965(3.4Ghz) 2015年10月 約5時間
Core 2 Duo P8700(2.53GHz) 2015年10月 約5時間
A10-7890K(4.1GHz) 2016年5月1日 約5時間
Core 2 Duo P8700(2.53GHz) 2016年5月14日 18時間30分

どのマシンもメモリは8GB以上積んでいてかつSSDなので「足回り」の遅さがボトルネックになる事はありません。

同じ Core 2 Duo P8700(2.53GHz) マシンでも2015年10月と、2016年5月中旬では3倍以上の差が出ました。
2016年5月上旬から中旬頃にかけて、さらに遅くなったのかもしれません。

windows-update-win7-vista-late_02
2016年5月14日 20時過ぎに Windows Updateを開始した結果、翌日14時35分にようやくインストール準備が整った図です。

「12時間待ったけど全く進まないので辞めた」
というケースをWebで見た事があるのですが、私の様に丸1日待てば開始されたのかもしれません。

環境構築後の設定

環境構築後のWindows Updateの設定は
「更新プログラムをダウンロードするが、インストールを行うかどうかは選択する」
を指定しておく事です。
windows-update-win7-vista-late_01

これによってバックグラウンドで勝手にダウンロードしてくれるので、後は好きなタイミングでインストールを行えば良いのです。

Windows Vista 以降はOSが肥大化していて、この様な不具合の対処がしきれないのかもしれませんが、VistaもWin7もまだサポート期間内なので、何とかしていただきたいものです。

よろしければコメントをどうぞ

コメント欄(必須)


3 × = 二十 七

  • 送信後に「送信されました」等のメッセージ画面は表示されません。
  • 送信されたかどうか心配な場合は、再度送信なさってください。
  • 送信いただいたコメントは、承認後に表示されます。
サブコンテンツ

このページの先頭へ