無線LAN接続設定を保存して、簡単に復元する方法

無線LANの接続設定をエクスポート及びインポートする方法が、Windows7にデフォルトで備わっていたので紹介します。
意外と気づかない方も多いのではないでしょうか。

インターネット接続が無線のみの場合の問題

知人PCの各種セッティングを20世紀の昔から行ってきたのですが、近年の悩みの種は無線LANアダプタのセッティングでした。

ダイヤルアップルーターや有線ブロードバンドルーターがある環境ですとインターネット接続はそれらルーターが行ってくれるので、PCでの設定は何も必要ありません。

ですのでそういった環境の知人のPCが壊れた時は、

  1. そのPCを私の家に発送してもらう。
  2. 私がOSを再インストールする。
  3. 知人の家に発送する(着払いで^^)
  4. 知人が各種コードを接続する。コードの接続方法は写真を撮って印刷した物を渡してある。

という方法で、知人の家に行く必要もなくすんなりと完了したものでした。

ですが、無線LANによるインターネット接続が一般的になってきた2000年代後半位からは、主に無線での接続を希望する人が増えてきました。

なので「知人が各種コードを接続する」だけでは終わらず、
知人の無線LANアクセスポイントが放つSSIDに対して暗号化キーを入力する
という追加作業をしてもらう事になります。

ところが不得手な人にとっては、こういった作業もままならない事もしばしばあります。
着払いで送った後も「到着後、電話で暗号化キー入力を指示しないといけない」感が強く、すっきりしません。

しかも知人の無線LANアクセスポイントのSSIDと暗号化キーを私が管理していないといけません。

ですが私が気付かなかっただけで、無線LAN接続設定を保存して簡単にリストアする機能がOS標準であったのです。

なぜ気付かなかったというと、WindowsVista には無く、Windows7 から搭載された機能だという事もあります。
私は未だにメインマシンのOSは WindowsVista ですから。

Windows7での無線LAN設定保存方法

今回はサブマシンの Windows7 64bit で行ったので説明いたします。

save-wi-fi-setting-and-restore_02
コントロールパネル > ワイヤレスネットワークの管理を開き、
保存したい無線LAN設定を右クリック > プロパティ をクリック

そうすると次の画面で
「このネットワークプロファイルをUSBフラッシュデバイスにコピーする」
とあるではありませんか。

嬉々としてUSBメモリを差し込みましたよ。
これで、セッティングを保存できると。

ところがこの「ネットワーク設定のコピー」画面の様に、
save-wi-fi-setting-and-restore_03
USBメモリが認識されおらず、「 次へ(N) 」 がグレーアウトして進めません。
おかしいなと思いながらリトライしても駄目。

手持ちの他のUSBメモリ数本を試しにUSBスロットに挿入してみました。
するとその内の1本を挿入した時に
save-wi-fi-setting-and-restore_04
来ました。
USBメモリのDドライブが認識されて「 次へ(N) 」がアクティブになりました。
「次へ(N) 」をクリックするとDドライブ直下に設定ファイルが作成されました。

USBメモリがFAT32でフォーマットされている必要がある

この瞬間原因はすぐ分かりました。
おそらくNTFSでフォーマットされていると認識されないのでしょう。

確認してみると、認識されなかった何本かのUSBメモリは全てNTFSフォーマットでした。
それらをFAT32でフォーマットし直すと、無事認識されました。

save-wi-fi-setting-and-restore_05
このウィザードで作成された、USBメモリ内のファイル群を見ると、この様になっていました。

  • ルートにSMRTNTKYフォルダと 2個のファイル
  • SMRTNTKYフォルダの下に、1フォルダと4ファイル。
SMRTNTKY  ─┬─ DEVICE
       │
AUTORUN.INF  ├─ fcw.ico
       │
setupSNK.exe ├─ MessageB.txt
       │
       ├─ WSETTING.TXT
       │
       └─ WSETTING.WFC

AUTORUN.INF の中を見てみると、setupSNK.exe を実行する様になっていました。
なので、setupSNK.exe を実行すれば無線LANセッティングが元通りにリストアされるのです。

ちなみにこれらファイルが作成された後に、"convert D: /FS:NTFS" でUSBメモリをNTFSに変更しても無事リストアは行われます。
作成する時だけはFAT32でなければならないみたいですね。

このルート直下の1フォルダと2ファイルを、ローカルマシンのSSDの適当な場所にコピーしてから setupSNK.exe を実行してみましたが、何も起こりませんでした。
あくまでUSBメモリ上にある事が動作条件なのでしょうね。

無線LANセッティング復元時の必要ファイル

また、最低限必要なファイルのみを保存しておこうと思い、必要・不必要ファイルの切り分けを行うことにしました。

まず、ルートにある AUTORUN.INF は明らかに不必要。

次はSMRTNTKYフォルダの下へ。
DEVICE フォルダは空なので不必要。
fcw.ico もアイコンファイルなので不必要。
残りのファイルを1つずつ試していったところ、WSETTING.TXT も不必要。
save-wi-fi-setting-and-restore_06
結果、3ファイルと1フォルダのみ残せば大丈夫となりました。

SMRTNTKY  ─┬─ MessageB.txt
       │
setupSNK.exe └─ WSETTING.WFC

setupSNK.exe は、この「ネットワーク設定コピー」ウィザードで作成される毎回同じ内容の実行ファイルなので、これも消してもいいかもしれません。

WSETTING.TXT 及び WSETTING.WFC には、SSID と 暗号化キー情報が記述されているので、一応取り扱いにはご注意してください。
WSETTING.WFC をテキストエディタで開けば、XMLドキュメントとなっています。

これらファイルを私が管理しておけば、知人からPCが送られてきた時に簡単に無線LANセッティングを復元する事ができるので、だいぶ気が楽になりました。

でもインターネット黎明期のダイヤルアップ接続の設定に比べたら、無線LANセッティングの電話指示なんて可愛いもんですよね。
確かダイヤルアップ接続の設定ってエクスポート出来なかったと思うし、設定画面が複数に枝分かれしててややこしかった記憶が。

よろしければコメントをどうぞ

コメント欄(必須)


− 四 = 2

  • 送信後に「送信されました」等のメッセージ画面は表示されません。
  • 送信されたかどうか心配な場合は、再度送信なさってください。
  • 送信いただいたコメントは、承認後に表示されます。
サブコンテンツ

このページの先頭へ