ロジクールマウス MX-620 を保証書無しで修理(交換)する

Logicool製コードレスレーザーマウス「MX-620」の左クリックが反応しなくなったので、保証期間内でしたので修理又は交換してもらう事にしました。

症状としては、いくら強く左クリックしようがうんともすんとも言わなくなりました。
右クリック及びセンターホイールのクリックは問題ないのですが、左が利かないのでは使用する事はできません。

保証期間は5年もある

このMX-620は2007年9月にヨドバシカメラ店舗で購入した物です。
logicool-mx-620-exchange_02
それまで使っていた(見ていた)マウス達とは違う、この流麗なフォルム・そしてフィット感がたまりません。
作りもしっかりしていて、さすが5980円の金額といったところです。

logicool-mx-620-exchange_03
保証期間は「ご購入日から5年間」となっています。
平成19(2007)年9月購入ですから、買ってからまだ4年も経っていないので、十分に保証期間内です。

ヨドバシカメラならアフターサポートも万全だろうと思い、修理してもらうため、こちらの保証書と領収書とマウスを持って行きました。

Logicool製マウスは、販売店舗での保証は受けられない

ヨドバシで店員さんに壊れた旨を話すと
「ロジテックマウスのサポートはメーカーに直接コンタクトをとっていただく必要があります」
とのお話がありました。

せっかく出向いたのに残念です(>_<)

Logicoolのwebサイトから修理依頼を行うと、新品へ取替え

帰宅後、ロジクールサイト内の修理依頼フォームからコンタクトをとりました。
住所・氏名といった個人情報及び左クリックが利かなくなったいう症状を記入しました。

後日(翌日だったと思います。とにかく早い)サポートの方からメールがあり

「症状からしてハードウェアトラブルだと思います。ただちに新品を発送いたします。壊れた方のマウスはお手数ですが破棄してください。」

との事です。

これにはびっくりしました。
というか嬉しかったです。

代わりのマウスなんて何個かある状態ですので、たとえ数週間かかっても修理していただければ十分だったからです。
それなのに、即、かつ新品を代替してくれるなんて。

それを読んだ私は、購入時の領収書を郵送で発送 or 購入時の領収書をスキャンした画像をメールに添付 の準備にとりかかるつもりでした。

でも
「お客様のご使用の MX-620は、発売開始から5年が経過していない商品ですので、保証書は不要
といった旨の文章がありました。

なるほど、MX-620は2007年半ばに発売された製品。
という事は、2011年の段階だと確実に「購入日から5年間以内」という条件を満たすわけですから、保証書は不要なわけですね。
これも随分とユーザーの立場を考えてくださっているなと思いました。

続いて
「お客様がお使いの製品の P/N(パート・ナンバー)の画像をメールでお送りください」
とありました。

パートナンバーとは、シリアルナンバーみたいなものでしょうね。

P/N は、MX-620の電池ボックス内にあります。
logicool-mx-620-exchange_04
P/N:810-xxxxxxxx
という印字がありました。

このP/Nが確認できる画像を、ロジテックへの返信メールに添付しました。

後日、新品のMX-620が宅急便で送られてきました。
本当に素晴らしい対応に感謝感激です。

ロジクール MX-620 を分解する。

ロジクールとのやりとりで「古いマウスは破棄してください」とありました。
せっかくだから分解してみることにします。

分解を試みるも、どこから分解できるのか皆目検討が付きません。
ネジらしきものも発見できませんし。

実はネジは底面のゴムソールの部分に隠されているのです。
logicool-mx-620-exchange_05
を付けた4ヶ所が該当場所です。
このゴムソールは両面テープで張り付かてあるので、爪を深く食い込ませて両面テープごと剥ぎ取りましょう。
両面テープごと剥ぎ取れば、再度付着させる事ができます。

ゴムソールを剥ぎ取った図です。
logicool-mx-620-exchange_06
見づらいですが、左上、右上、右下は両面テープごと上手く剥がれましたので、トルクスネジが露呈しています。
左下だけ両面テープを上手く剥がせなかったのでネジ穴が見えていない状態です。

logicool-mx-620-exchange_07 
この星型をしたネジはトルクスネジといいます。
通常のプラスドライバーでは回す事ができません。

トルクスネジ用のドライバーを用意する

仕事場にトルクスネジ用のドライバがあったので、拝借する事にしました。

logicool-mx-620-exchange_08
これがトルクスネジ用のドライバーです。

logicool-mx-620-exchange_09
T-6の刻印があります。

このトルクスドライバーでトルクスネジを外し、中をみてみました。
logicool-mx-620-exchange_10
を付けた白い部分が、左クリック反応部分です。
この白い部分を指でクリックすると、カチカチというクリック音がします。
反対方には右クリック用の白い部分があります。

この左クリック用の白部分を強く押しても、PC上のマウスカーソルは左クリックのアクションを起こしません。
でも少し強めに何度も何度も押していると、反応が出てきました。

最初は数回に1回の反応だったけど、徐々に割合が増え最後には100%反応する様になりました。

トルクスネジを締め、通常通りの使用を開始しました。
ゴムソールを再貼り付けはしませんでしたので机に微細な傷が付くかもしれませんが、そんな大層な机は使用していないので気にしません。

何の問題もなく左クリックで業務が可能です。
ただ、残念ならが左ドラッグは使えません。
左をクリックした状態をホールドする事が出来ないです。

WordやExcelといったソフトウェアにはとても使えませんね。
リビングに、食事しながらネットサーフィンするためにノートPCを設置してあるのですが、そういったケースには十分使えます。

ロジテックマウスの性能及びサポートは完璧

このMX-620は、私のマウス感を変えた素晴らしい製品でした。
無線性能、精細さ、高級感、ホールド性、どれをとっても完璧です。

加えて今回分かったロククールのサポートの迅速さ。
また、5年間保証ゆえ発売から5年経っていなければ保証書は不要といった合理性。

安心して購入できますね。

結果的に2個使用する事になったのですが、ロジテックさん申し訳ございません。

よろしければコメントをどうぞ

コメント欄(必須)


七 × 9 =

  • 送信後に「送信されました」等のメッセージ画面は表示されません。
  • 送信されたかどうか心配な場合は、再度送信なさってください。
  • 送信いただいたコメントは、承認後に表示されます。
サブコンテンツ

このページの先頭へ