バッファロー製無線ルーターのゲストポート機能でのインターネット接続が出来ない点を解決

バッファロー製無線LANルーター「WZR-HP-G450H」で、ゲストポートを開放して来訪者に無線LANを利用したインターネットアクセスを許可するのが上手く動作しませんでした。
解決方法を見つけたので紹介します。

Buffalo WZR-HP-G450Hのゲストポート機能でインターネット接続を試みる

該当ルーターは、自宅内ネットワークのセキュリティーを保ちながら来客者に対して「無線」インターネット接続環境を提供することが出来る機能を持っています。
この機能を "ゲストポート" と呼びます。
あくまで「無線」で接続させた時ですので、有線接続時には機能しません。

ゲストポートに接続された無線LAN子機(無線LANアダプタ)保有PCは、インターネットには接続できますが、自宅内ネットワークおよび他の無線子機へアクセスすることが出来ません。

ですので、オーナーとしては非常に安心してインターネット環境を提供する事ができるのです。

私は

ゲートウェイルータ
192.168.0.1
LANケーブル
無線ルーター
WZR-HP-G450H
(@APモード)
192.168.0.100 固定
LANケーブル
デスクトップ
PC

という環境を構築しています。
(この図及はブラウザの横幅が狭い環境だと崩れますので、ご注意くださいませ。スマホの場合は画面を横にすると良いでしょう。)

この環境においてゲストポート機能を利用し、無線LAN機能搭載のノートPCでインターネットへの接続を試みる事にします。
ブラウザのアドレスバーに "192.168.0.100" と入力し、WZR-HP-G450H にアクセス。

 internet-connect-using-guest-port-wzr-hp-g450h_02

「無線設定」タブにいき、「ゲストポート機能」を「使用する」にチェック。
SSIDはシンプルに "guest" に。
WPA-PSK(事前共有キー)は "aaaaaaaa" に設定しました。

この状態で保存し、無線LANアダプタを備えたノートPCから
SSID : guest
暗号化キー : aaaaaaaa
でアクセスすると、無事 WZR-HP-G450H とのコネクションは確立されました。

しかしインターネットに接続できないのです。

上記画面の設定を色々変更するも状況は変わらず。

IPアドレスを自動取得で活路が

ところで WZR-HP-G450H は下図の様に、IPアドレスを 192.168.0.100 で固定していました。
理由は、ゲートウェイルータ及びWZR-HP-G450H の両方に容易にアクセスするためです。
internet-connect-using-guest-port-wzr-hp-g450h_03
WZR-HP-G450H のブリッジモード(アクセスポイントモード)のデフォルトIPアドレスは
192.168.11.100 なのです。
このままの運用だと、WZR-HP-G450H にアクセスするのにいちいちPCのNICのIPアドレスを変更しなければならないですしね。

苦し紛れに、ここを "DHCPサーバーからIPアドレスを自動取得" に変更してみました。
internet-connect-using-guest-port-wzr-hp-g450h_04
そうすると何故か、IPアドレスが "192.168.0.100" のままグレーアウトしていました。
この状態で設定を完了。
再度ノートPCからアクセスしてみる事に。

そうすると…
ノートPCが無事インターネットに接続できました。

通信相手の特定を行う

ノートPCで "ipconfig" を打ってみると
internet-connect-using-guest-port-wzr-hp-g450h_05
無線LANアダプタに、172.31.105.2 のIPアドレスが割り当てられていて、
デフォルトゲートウェイが "172.31.105.1" となっています。
このデフォルトゲートウェイに ping を打つと帰ってきますが
ブラウザのアドレスバーに打ち込んでも、何も表示されません。
一体何なのでしょうか。
それは後で分かります。

同じくノートPC上で "arp -a" で通信相手の特定を行ってみました。
internet-connect-using-guest-port-wzr-hp-g450h_06
上記 "172.31.105.1" のIPアドレスが与えられているNICのMACアドレスは、
"12 - 6f - 3f - ~ - 6b" ですね。

 そして今度は愛機デスクトップマシンで "arp -a" を実行すると
internet-connect-using-guest-port-wzr-hp-g450h_07
おお、WZR-HP-G450H のIPアドレスが "192.168.0.100" のままじゃないですか。
上記で "DHCPサーバーからIPアドレスを自動取得" に設定変更したのに。
これは嬉しいです。
WZR-HP-G450H 内部へのアクセスが容易なままで助かります。

 "10 - 6f - 3f - ~ - 6b" は、WZR-HP-G450H のLAN側 MACアドレスです。
ルーター内部を見て回ると確認できるのですが、
無線 (802.11n/g/b) 用のMACアドレスも、同じ "10 - 6f - 3f - ~ - 6b" です。

上記ゲストポートで接続した時の MACアドレスを再度ご確認してみてください。
"12 - 6f - 3f - ~ - 6b" となっています。
"~"で隠した部分は同じなので、先頭が "10" と "12" の違いだけです。
これはおそらくMACアドレス偽装をしているのでしょうね。
どう考えてもLAN側及び無線用と同じNICを使用していると思います。

まとめてみると、LAN設定の
"DHCPサーバーからIPアドレスを自動取得" にするだけで問題無く稼動しました。
にもかかわらず、IPアドレスが 192.168.0.100 のままだったのが嬉しい誤算でした。
これはゲートウェイルーター 及び WZR-HP-G450H の電源を切って再起動しても変わらずでした。

 192.168.0.0 のネットワークと 172.31.105.0 のネットワークではグループが違うわけですから、自宅内ネットワークへアクセスされる事もなく安心ですね。
NetBEUI を使えばコンピュータ名でアクセスされる可能性はあるでしょうけど。

よろしければコメントをどうぞ

コメント欄(必須)


× 9 = 八十 一

  • 送信後に「送信されました」等のメッセージ画面は表示されません。
  • 送信されたかどうか心配な場合は、再度送信なさってください。
  • 送信いただいたコメントは、承認後に表示されます。
サブコンテンツ

このページの先頭へ