F3-2400C11Q-32GAB は A88M-G/3.1 でDDR3-2400で動作した

G.Skill 製のDDR3-2400メモリ 8GB * 4セット「F3-2400C11Q-32GAB」を、ASRock製マザーボード「A88M-G/3.1 」にインストールし、A10-7890KのWraith Cooler も無事に取り付ける事ができました。

a10-7890k-a88m-g31-ddr3-2400_09
この図ではF3-2400C11Q-32GABを1枚しか差し込んでいませんが、実際は4枚で合計32GBインストールしています。

PS2のキーボードをPS2ポートに差し込み電源をONにすると、ビープ音が鳴り無事に立ち上がったのです。

該当メモリはPC3-19200のオーバークロックメモリだったので、起動するかどうか一抹の不安があったのですが、ホッとしました。

以下にmemtest86+でのテストと、3画面出力が可能かどうかの検証結果を示します。

この記事は、前半の記事である
A10-7890K, A88M-G/3.1, DDR3-2400で3画面出力を行った
の後編ですので、まずはそちらをご覧になる事をお勧めいたします。

F3-2400C11Q-32GAB はデフォルトではSPD通りDDR3-1333で動作

無事起動したのでBIOS(UEFI)に入ってみました。

f3-2400c11q-32gab-a88m-g-31_01

該当オーバークロックメモリ F3-2400C11Q-32GAB は「AUTO」だと DDR3-1333で動作するのが判明しました。
それもそのはず、冒頭でリンクを張った前半記事でこのメモリのSPDはDDR3-1333と説明しましたが、その通りに動作しているだけなのです。

なので無事起動出来たのも当たり前なのです。
設定が「AUTO」の場合は、ただのDDR3-1333メモリとして動作しているわけですから。

DDR3-2400(PC3-19200)だとエラーが出る

次は一気に2400MHzで動作させてみる事にしました。

f3-2400c11q-32gab-a88m-g-31_02

上図の様に「Load XMP Setting」の項目で「XMP 1.3 Profile」を呼び出してもいいですし、
下図の様に「DRAM Frequency」の項目で「DDR3-2400」を手動でセットしても、どちらでも大丈夫です。

f3-2400c11q-32gab-a88m-g-31_03

そしてこの状態で memtest86+ を動作させると、途中で赤いエラーをはきまくりました。
メモリを指す位置を変えても同様にエラーが出ました。

電圧を上げれば改善する可能性もありましたが、DDR3の仕様である電圧1.5Vを超えて既に1.65Vまで盛られているので、そこまでは追求せずに素直にDDR3-2133に落とした結果、無事にmemtest86+ を2周完走しました。

A88M-G/3.1は詳細なメモリ設定が可能ですので、今後は2133MHz動作でいかに電圧を落としたり速くしたりするかという方向で追求したいと思います。

F3-2400C11Q-32GABのSPD画像はこちらになります。
f3-2400c11q-32gab-a88m-g-31_04
しかしこれだけのオーバークロックが可能なのに、SPDがDDR-1333というのは、随分と控えめだと思いました。

A88M-G/3.1 は3画面出力が可能

Windows7 64bitのインストールも完了し、前半の記事で述べた A88M-G/3.1 でトリプルモニターが可能かどうかというのを検証しました結果、可能でした。

f3-2400c11q-32gab-a88m-g-31_05

  • 1番がHDMI接続で解像度がフルHD
  • 2番がDVI接続で解像度がフルHD
  • 3番がD-sub接続で解像度が1024 * 768

今までのAMDの内蔵グラフィックだと2画面しか出力できない物しか所持した事はありませんでした。

さらに初期の頃だとデジタル出力(DVIとHDMI)は排他使用という制約もあった記憶があります。

A88M-G/3.1 はその様な制約がなく、当たり前のようにトリプルモニターが可能なのでした。

2番のモニタは28インチと大きくWebページの各種文字が大きく表示され、顔をモニタに近づけなくても良いので首への負担が軽減されてイイです。

A10-7890Kに搭載されているR7グラフィックのグレードは?

690G, 780G, 785GX, 880G, 890GX といった過去のグラフィック内蔵のAMDチップセットでは、内蔵グラフィックのグレードが明確でした。

例として、890GXチップセットの内蔵グラフィックは、デバイスマネージャーのディスプレイアダプターの項目を見ると、下図のように「ATI RADEON HD 4290」となっていて、RADEON HD 4290 相当という事が分かるのです。

ところがA10-7890Kだと

このように「R7」とのみなっていて、グレードが分かりかねるのです。

ところが今回3画面同時出力を行えた事によって、大体のグレードが判明しました。

AMDサイト によると、下記のように「R7 240」及び「R7 250」は、最大ディスプレイ数が「2」となっているのです。

よって、3画面出力が可能なA10-7890Kに内蔵されているグラフィックのグレードは「R7 250X」以上、という事になります。

そしてA10-7890Kで「AMD Dual Graphics Technology」を使用する場合は、AMDが公式に対応と謳っているのは「R7 240」と「R7 250」のみなのです。
両者に共通するのは、Olandチップを採用しているという事です。

ですので、もしデュアルグラフィックスを使用する場合は、ディスプレイに接続するのは追加したdGPUではなくA10-7890Kからの出力という事になります。
なぜならグレードの高い方のグラフィックをディスプレイに接続する事が推奨されているからです。

正直A10-7890Kと、「R7 240」or「R7 250」 とのデュアルグラフィックスをするくらいなら、ほんのちょっとお金を足してもっとグレードの高いビデオカードを購入し、そちらの単独使用とした方がはるかに性能は上がるでしょう。

ただ、それでは何のためのAPUか分かりません。
そしてローエンドやミドルクラスのデュアルグラフィックスは実利のためではなく、ロマンのために行うべきなのです。

A10-7890Kのベンチマーク結果については
A10-7890Kの性能をベンチマークで測定。Phenom比較で脅威の低消費電力
を是非ご覧くださいませ。

よろしければコメントをどうぞ

コメント欄(必須)

お手数で恐縮ですがスパム防止のため「半角数字」で下記計算式を埋めていただけますでしょうか

  • 送信後に「送信されました」等のメッセージ画面は表示されません。
  • 送信されたかどうか心配な場合は、再度送信なさってください。
  • 送信いただいたコメントは、承認後に表示されます。
サブコンテンツ

このページの先頭へ